IHのキッチンとパントリー収納と勝手口

新築一戸建ての注文住宅の家づくりで、こまかい部分にこだわりたい、その1つの空間といえばキッチンではないでしょうか。キッチンは単に設備が整った料理をする場所というだけではなく、居心地がよく使いやすい、家族がちょっと立ち寄りたくなるような、そんな魅力的な空間にしたいものです。主婦にとっての聖域とも呼ばれるキッチンのクオリティを高めることは、家づくりには重要な部分です。

システムキッチンを導入するのは自然の流れですが、パントリーの収納はどうでしょうか。細かい食器や食材を保管するのにとっても便利であり、ウォークインとしてキッチンに隣接して設置することも可能です。キッチンを充実させるために必要に思えてくるし、使いやすい収納というイメージが沸いてきます。ただ本当にパントリーが必要なのかどうかは十分に検討が必要です。それを設置すると、キッチンが窮屈になるかもしれず、それだけ費用がかかるからです。もしウォークインを考える場合には、換気や通気性の部分も意識する必要があるでしょう。

またキッチンはガスにするのか、電気なのか、この点も悩むところです。IHの方が火が出ないので安全性が高い、またガスのように火の勢いにムラがなく、均一に熱が伝わることや、フラットになっているので、掃除が楽などメリットが多く、IHクッキングヒーターにしたいと思う人は多いです。とはいえ、直火が好きであるとか、表面焼きをしたいなど、料理スタイルによってはデメリットにもなりますし、一長一短あります。コストの問題もあるため、慎重に決定することができるでしょう。

最後にキッチンの近くに多い勝手口はどうでしょうか。キッチンから外にすぐ出ることができ、そこを開けると外の空気を取り込んだり、室内の空気を外に逃がすこともできること、またゴミ出しにも、玄関を通らないのでとても便利です。買い物した食材を外から入れるときにも、直接外から入ることができるので、楽かもしれません。勝手口を作るかどうかは、どのような生活動線かがポイントになります。設計によっては勝手口を作らなくても良い場合も少なくありません。玄関に近いところにキッチンを作った場合などです。勝手口を作ることで、防犯対策をする必要が生じることもあります。

家づくりにおいてパントリー収納、IHにするのか、そして勝手口を設けるべきか、こうしたキッチン回りでのポイントをしっかりと熟考してベストな選択をしましょう。