色々な建築会社を知る

ハウスメーカーはローコスト住宅得意にする企業もあれば、ハイスペックな仕様の濃く旧住宅得意とする企業があります。ハウスメーカーに依頼するメリットは複数ありますが、開発研究室を所有して、同時の技術交付など他社にないオリジナル住宅ブランド化しているハウスメーカーがあります。木造など特化した構造体得意として、耐震基準高く設定していて、フラット35など基準委割と通りやすい傾向があります。ハウスメーカー内で担当が営業や公務など部署ではっきり分かれていて社内での連携されていなくては施主側の要望つたわらないケースが出ています。ほかに担当者の移動が多いハウスメーカーは竣工後、長い年月経過して、メンバー変わってしまうケースがあります。施主側の思い入れある施工か所、経緯知らない人が担当者になることもあります。数年後メンテナンスの時に当時の状況は図面や議事録で判断されることになってしまいします。そして、ハウスメーカーは自社設計が基本で建築基準法のレベル厳しく設定していることが多くて、自由設計に限度あることがデメリットになります。会社規模大きくて、価格の中に本社経費、広告宣伝費など盛り込まれる分割高になったりします。また、砂金大手ハウスメーカーみたいに視点を各地配置したり、規格型住宅開発している工務店があります。工務店は自由な設計ができ、専門的設計が必要なときは建築設計事務所とのコラボができます。基本木造得意とする工務店多いですが、予算や地盤の特性など施主側の要望や木造や鉄筋コンクリート造の選定が可能です。また、工務店依頼すれば自由度が高くて家づくりのイメージついてない人、こだわりない人には工務店はあってないかもしれません。いままでの施工例を公開しているケースが少なくて工務店の力量など把握するのが難しいです。新築や工務店や大工や信用や家族を大事にすることにし、長年の同じデザイン、工法で建て続けている会社が多くて、最新の省エネ技術など対応できてないケースがあります。そして、住宅ローンへアドバイス力が低い工務店があって銀行ローンなど金利確認など施主側が自分で動かなくてはならないことがあります。また、ハウスメーカーと工務店どちらに依頼するかでも自分たちに合っているかが一番大事です。ハウスメーカーと打ちあわせすれば、いろんな提案されて何が必要で何がいらないか混乱したりしますので注意が必要です。