憧れのマイホームは注文住宅の家でした。

マイホームに関しては、結婚してから一番のテーマでした。夫婦して早くマイホームの家を建てて、落ち着きたい、マイホームを建てないと話しにならないと言う同じ価値観でしたので、その事が幸いして、夢のマイホームの家を持つ計画を二人で話しあいながら立ててきました。

私の第一条件は新築であること。やはりせっかく自分の家を手に入れるならば、中古の住宅では無くて、何が何でも新築の注文住宅ということが理想でした。

反対に夫は自分の家がとにかく欲しいだけで、新築とか注文住宅だと言うところまでは頭がいかなったようなので、私の願いでもあり、注文住宅で新築のお家ということで決定しました。

理想を挙げたらきりがなくて、三階建てとか、地下室があってとか思いましたが、ごくシンプルな標準的な二階建ての家にしました。

しかし、玄関だけは観音開きが良かったので、そこだけは標準から大きく外れましたが、玄関は家の顔となるポイントなので、観音開きの玄関ドアにして良かったと感じています。