家を持つならば新築注文住宅が良いと言う結論に。

私たち家族がマイホームのことを意識したのは、子供が増えた時でした。このまま賃貸生活を続けるよりも、自分達の家、マイホームをしっかりと構えるほうが、後々生活が安定しるし、マイホームならば周りに気を使わずに生活もできるので、子供ものびのびと育てられると考えました。夫婦して同じ意見で家を建てることは計画性を持って進めていけることになりましたが、次に考える事は、少し値段が抑えられる中古の戸建てなのか、それとも新築の注文住宅なのかで迷いました。

たいがいの人は新築注文住宅を希望すると思いますが、新築住宅となると中古物件よりは予算の上でかかるので、迷うところでした。

そんな中、私たちが新築注文住宅を建てる事に背中を押してくれたのは、モデルルームの存在でした。

モデルルームは内装を自由自在にできる家で、建て売り物件では有り得ないくらいに、内装のデザインや使い勝手も充実がしていたのです。あのモデルルームを見て、やはり家を建てるならば新築住宅の家しかないと思えました。選択に後悔はありません。