自由な家づくりをしましょう

マイホームを持つ上でお勧めなのが新築の注文住宅でず。理由は家づくりが自由にできるからです。建売住宅や中古住宅ですと自由に間取りや外壁、仕様など選ぶことができません。その点新築時での注文住宅は自分の好きな家づくりができ、夢のマイホームを手に入れることが可能です。注文住宅を新築する際にこだわったポイントはメンテナンス性です。家のメンテナンスで重要なのが外壁でしょう。毎日風にさらされたり日光を浴びてしまうとどんな頑丈な家でも傷みが生じるからです。外壁はタイルやサイディング材、塗り壁が一般的に使用されます。一番メンテナンスにコストがかからないのがタイルです。ただし初期投資が高いことがネックですが見栄えが良いため人気の材質です。次がサイディング材です。今建築されている住宅の多くに使用されている外壁です。素材やデザインの自由度が高くメンテナンスがタイルと比較して安いのが特徴です。ただし色褪せしやすいため耐久性はタイルには及びません。特に目地はタイルと比較すると痛みが速いため10年周期でメンテナンスの必要が出てきます。最後が塗り壁です。建築コストは一番安く済みますが、劣化が激しいため10年ごとに全塗装の塗り替えが必要です。このように外壁選びは様々な種類がありコストを削ってしまったことが後々のメンテナンス費用に返ってきてしまうため注意が必要です。せっかく手に入れたマイホームが外壁のコストを削ってしまったばかりに後悔とならないよう見極めが必要でしょう。